ゴーヤの育て方 ゴーヤの種 ゴーヤカーテン ゴーヤの種類 ゴーヤのこと ゴーヤレシピ
家庭菜園の土地 ガーデニンググッズ
ガーデニンググッズ




ガーデニンググッズ

トップページ
 |

ガーデニンググッズ



ガーデニング通販で面白いグッズを見つけてみます。

ガーデニンググッズは、見た目がおしゃれなものや、実用性の高いツールまで様々です。

昔はガーデニングというジャンルは観賞用作物のためにあり、食用のものは農業用という業務用のものになってしまいました。業務用のものを家庭用に使うかっこよさのようなものもありますが、やはり、用途が違いますので、それ専用のジャンルがあります。

いち早く、そういう家庭向けの園芸作物を栽培するためのグッズを開発し、販売を始めたメーカーがあります。今ではだれでも知っているメーカーです。

ガーデニングコーナーへ行けば、ここの製品が溢れかえっています。そして、実に的を得たほしい商品があります。

これはやってみた人にしか分からない、それが欲しかった!というようなものです。




あると便利なガーデニンググッズ



  • 簡易温室・・・これがあると、庭やベランダで育苗や冬でも野菜が作れる時期が広がります。材質もガラスやビニール製のものもあります。ビニール製のものは意外と保温性の点で優れているので大変優秀です。また、折りたたみ式の簡易温室があり、テントのように1アクションで折りたためます。これは夏場は使いませんので、しまっておくのにとてもいいです。


  • ラティス・・・ラティスを立てて固定して設置すると、大変便利です。ガーデニンググッズを吊るしたり、洗った手袋などを干しても置けます。また、植物をひっかけて這わせていくのにも便利です。


  • 台車付き椅子・・・低い位置でしゃがみ作業は実にこたえます。耐え難いものもあるでしょう。そういうものは年を重ねてくると、感じるものです。業務用でもなかなかそういうものは出てこなかったようで、 基本は腰が曲がるまで忍耐するというのが精神的な風潮だったようです。近年になってからは、業務でもそういう椅子に座りながら移動できるものを使うようになっているようです。 あまりに、長い間、我慢することが最高の努力だという時代が続いていたので、なかなか普及しませんでしたが、家庭用グッズとしてはいかに楽をするか、便利なものを使うかが大事ですので、広まったようです。


  • 手袋・・・軍手で代用してしまいますが、ガーデニングの手袋はあるといいグッズの1つです。素手というのもいいですが、毛虫などがいると痛いです。また、植物の汁はアクのようなものが多く、手に染み付いてなかなかとれないこともあります。使い勝手が良いように作られていますので、ガーデニング用の手袋は軍手とはひと味違います。


  • 移植ゴテ・・・以前は小さいスコップ、ショベルなどと呼んでいましたが、正式には「移植ゴテ」が正しいです。スコップ、ショベルはともに大きいものをさします。移植ゴテはこだわりがあるとおもいます。使いやすい、丈夫、見た目の良さ、これがとてもいいデザインだと、いい気分でガーデニングが出来ると思います。


  • コンポスト堆肥づくりグッズ・・・生ごみや野菜くずから堆肥を作るための色々なグッズです。 これは実に多くあります。ただの、蓋だけが売られていて地面の上にかぶせるだけのものから、生ごみの汁を抜いたり、乾燥して粉末にしたり、色々あります。 また、そういう分解を促進する微生物の粉が売られていたりします。 究極的には何もせずに畑に撒けば勝手に分解されて数週間から数ヶ月で栄養分になりますが、そういうのが嫌な人にはこういうグッズが大事です。 まあ、特にきれい好きだと心当たりがある人には、野菜くず、つまり、生ごみを畑の辺り一面に放り投げるというのは、カラスに荒らされたゴミ捨て場のようで、 耐えられないはずです。ある意味、拷問に近いかもしれません。そういう時には、綺麗に見えないようにコンポストで堆肥にしてしまいましょう。


  • ガーデニングのテンションを上げる雑貨・・・有名ガーデナー、「〜さんのガーデニングハーブティー」などなど、有名な専門家と言われる人の出した本にはガーデニング魂が刺激される雑貨が数多く乗っています。まるでこの雑貨を買ってくださいとばかりに出てきます。 またそういう写真がとても綺麗に移されています。そういうふうにすることはCMの基本だと思いますが、そういうグッズを意味が無いとしても目につくところに置いておくと、楽しくなるものです。








  • おすすめのページ

    ゴーヤの育て方

    ゴーヤはとにかく、元肥が多くあるといい野菜の1つです。牛糞などの堆肥をたくさん入れておきます。また、化成肥料や油粕などのすぐに分解される肥料よりも、牛糞などの堆肥の方が長期栽培のゴーヤには適していると思います。もちろん、追肥をしていくのも可能ですが、地面に植えた場合は思いのほか、広く根が伸びますので、追肥もままならないかもしれません。

    白ゴーヤー

    白ゴーヤとは 白ゴーヤは、薄みどり色から純白まで数種類あるようです。また、節成りタイプから節成でないタイプまであるようです。苦味が少なく、色が白い。とてもゴーヤとしては特徴が薄れていますが、食感だけはあると思います。 やはり、純白のゴーヤは希少性があるようで、とても高価な感じがします。形も様々で、中長タイプの白いものから、あばしゴーヤの白いタイプのようなもの、外国のゴーヤのようにイボの少ないものとあります。

    黄色の完熟ゴーヤから赤い種

    ゴーヤは完熟すると、とても鮮やかな黄色からオレンジ色の果皮と赤い種になります。これはとても綺麗です。しかし、人が食べるときには困ったことです。どうしたら黄色くなるのか少し考えてみました。 ゴーヤが黄色くなる前に収穫する

    ゴーヤのグリーンカーテン

    温暖化の影響か、すっかり猛暑日が増えました。さらに電気の節約が現実的に必要に迫られてきました。エコというより、現実的な節約術になりつつあるようです。

    ゴーヤの種のとりかた

    ゴーヤの種は完熟したゴーヤから採種する ゴーヤは緑色のうちに収穫して食べます。これは未熟果という状態で、完熟ではありません。フルーツで言えば、美味しいくない、熟れていない状態です。同様にに種もちゃんと成熟していません。





    おすすめの商品



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
    価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    小型風力発電機セット1500W
    価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)