ゴーヤの育て方 ゴーヤの種 ゴーヤカーテン ゴーヤの種類 ゴーヤのこと ゴーヤレシピ
家庭菜園の土地 ガーデニンググッズ
ゴーヤを種まきして発芽させる
発芽に最適な環境
黄色の完熟ゴーヤから赤い種
ゴーヤの種のとりかた




黄色の完熟ゴーヤから赤い種

トップページ
 |

黄色の完熟ゴーヤから赤い種




ゴーヤは完熟すると、とても鮮やかな黄色からオレンジ色の果皮と赤い種になります。これはとても綺麗です。しかし、人が食べるときには困ったことです。どうしたら黄色くなるのか少し考えてみました。



ゴーヤが黄色くなる前に収穫する


だいたい何日目までおいしく食べれて、何日から黄色くなりはじめてだめになるのか明確にはわかりません。ただ、少しでも黄色くなり始める兆候として、実を手で押すと柔らかくなっていることが分かります。この時点でもうタイムリミットという感じです。食感はまだあります。

中のワタにあたる部分が柔らかくなり始めているのだと思います。しかし、この柔らかくなるまで待ってから収穫していては手遅れになるものもだいぶ出てきます。できれば、幼果ほどおいしいので硬いときに思い切って早めに収穫して食べてしまうほうがいいと思います。

特に新鮮でちょうどいい大きさになったゴーヤは、薄切りにして塩で浅漬にして、鰹節をかけると大変、美味です。大きくなりきるほんの少し手前くらいが一番美味しいと懐います。小さすぎても、実が細くてワタや種を取るのにスプーンが入らなくて苦労します。だいたい、その時のゴーヤの株の調子によってどのくらいの大きさまで成長するかがわかりますので、その時の状況をみて収穫します。




黄色の完熟ゴーヤから赤い種黄色の完熟ゴーヤから赤い種黄色の完熟ゴーヤから赤い種




ゴーヤーがまだ小さいのに黄色くなってしまう


ゴーヤーの実が大きくなるのを待っているときに、一向に大きくならずに10センチ位の大きさで黄色くなってしまうことがあります。これは暑い時期によくなりやすいのですが、どうしても気温が高いとすぐに黄色くなってしまいます。あとそれに加えて水分や栄養分などが不足しがちなので、実が大きくなれないようです。

またゴーヤーの枝や葉が大きく成長して実がたくさん付いていると、その分栄養が行き渡らなくなり、実も大きくなる前に熟してしまうということになるようです。そのため収穫し始めの7月よりも8月の終わりの頃の方が、黄色くなるとにかかる日数が短くなっていきます。

そう考えると、暑くなってきたときには小さいゴーヤを収穫するということがベストなのかもと思っています。そのような時に無理に大きな実を作ろうとしても難しいことなのかもしれません。暑い時には小さいゴーヤを数多く取ることを目指してみるほうがいいと思います。

また本当に根がびっしりと詰まってしまって全く成長が滞ってしまうということもあるようです。これは小さいプランターなどで栽培していると、起こりうることだと思います。このような時には、少しプランターの中の土を持ち上げてみてどれくらいビッシリと合っているか確認してみるといいかもしれません。ここでできることは、せいぜい大きめのプランターに素早く入れ替えて新しい土を足してやることくらいです。決して根鉢は崩してはいけません。根を痛めるとそれに対応するツルが枯れてくると思います。

しかし、収穫終了間近ですので、そこまでする見返りはあまりありません。

小さいのに黄色くなる理由は、やはり、ゴーヤーが黄色く熟するまでに実の肥大する時間がない、ということなのかもしれません。ゴーヤは緑色の未熟果を収穫するものですが、緑色の間は成長して実が大きくなることができるのですが、夏野菜などの果菜は、実が熟すためには、温度が必要で、積算温度といって、毎日の温度の合計が何度になったかということを目安にして熟していくようです。

つまり、気温が低い時期は黄色く完熟するまでに日数がかかりますが、夏場の猛暑日などが続くとあっという間に完熟までいってしまうので、大きくなれずに黄色くなってしまうのかもしれないと思ったりもします。真夏と初夏で何日間で黄色くなるかと数えたら全く違うかもしれません。

これがゴーヤーが小さいのに黄色くなってしまう理由かもしれません。しかし、自然は複雑に絡み合っていますので他の要因もあるのだとは思います。














ゴーヤの種取り


ゴーヤの種をとって、来年、種まきからゴーヤを育てたい場合には種をとります。おそらく、1、2個くらいは取りそこねて黄色くなったゴーヤが出てきてしまうと思います。それから種をとればいいと思います。特に採種するなら、夏の後半はすぐに黄色くなるので取りやすいです。

節成ゴーヤのたねをとっても、来年育てたゴーヤが節なりになるとは限りません。これは運でもありますが、あまり期待しないほうがいいと思います。かけ合わせて一代目は、両親の特徴を持ったゴーヤができるのですが、このように自家採種した場合は、そのようにいいところがでるとは限りません。どちらともない変な形の実が少しだけ収穫できて終わることもありえます。これだけはなんともいえません。

また、これを代々自家採種していくと、先祖返りをすることがあるようです。これは遺伝的にはよくあることなのですが、元の親のどちらかの形質 を持った種になるようです。興味がある方はためしてみるといいかも知れません。種類の違うゴーヤの雌花と雄花を受粉させるとどういうゴーヤができるか、来年の楽しみの1つとなると思います。



黄色の完熟ゴーヤから赤い種













黄色いゴーヤと赤い種の味


食べて何かの害があっても自己責任ですので、ご了承ください。少しだけですが食べてみました。毒が生成されていないという前提で考えていますが、物質に何らかの変化が起きて食べれなくなるという恐れもありますのでご注意ください。

どうにかして料理に使えないかと考えてみました。 黄色いゴーヤはゴーヤチャンプルにはできないと思います。ぼそぼそとして、細かく砕け散ってしまうからです。また、苦い味もどこかへいってしまっています。

逆にこれを利用すると、ポテトサラダのようにできないか?などと想像してしまいます。とにかく、形を崩して何かの練り物に混ぜ込むということです。苦味がない分、混ぜても違和感がないのでいいかもしれません。ただ、栄養素はのこっているのか不明です。

次に甘い赤い種の部分はフルーツのお供に使えそうです。食感もそこそこあり、食べている感じがしますので、フルーツポンチに入っていても美味しいかと思います。ゼリーに入れてもいいですね。もちろん、中のかたい種は取り除いた後ですが。今後も研究していきたいです。













おすすめのページ

ゴーヤの育て方

ゴーヤはとにかく、元肥が多くあるといい野菜の1つです。牛糞などの堆肥をたくさん入れておきます。また、化成肥料や油粕などのすぐに分解される肥料よりも、牛糞などの堆肥の方が長期栽培のゴーヤには適していると思います。もちろん、追肥をしていくのも可能ですが、地面に植えた場合は思いのほか、広く根が伸びますので、追肥もままならないかもしれません。

白ゴーヤー

白ゴーヤとは 白ゴーヤは、薄みどり色から純白まで数種類あるようです。また、節成りタイプから節成でないタイプまであるようです。苦味が少なく、色が白い。とてもゴーヤとしては特徴が薄れていますが、食感だけはあると思います。 やはり、純白のゴーヤは希少性があるようで、とても高価な感じがします。形も様々で、中長タイプの白いものから、あばしゴーヤの白いタイプのようなもの、外国のゴーヤのようにイボの少ないものとあります。

黄色の完熟ゴーヤから赤い種

ゴーヤは完熟すると、とても鮮やかな黄色からオレンジ色の果皮と赤い種になります。これはとても綺麗です。しかし、人が食べるときには困ったことです。どうしたら黄色くなるのか少し考えてみました。 ゴーヤが黄色くなる前に収穫する

ゴーヤのグリーンカーテン

温暖化の影響か、すっかり猛暑日が増えました。さらに電気の節約が現実的に必要に迫られてきました。エコというより、現実的な節約術になりつつあるようです。

ゴーヤの種のとりかた

ゴーヤの種は完熟したゴーヤから採種する ゴーヤは緑色のうちに収穫して食べます。これは未熟果という状態で、完熟ではありません。フルーツで言えば、美味しいくない、熟れていない状態です。同様にに種もちゃんと成熟していません。





おすすめの商品



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)