ゴーヤの育て方 ゴーヤの種 ゴーヤカーテン ゴーヤの種類 ゴーヤのこと ゴーヤレシピ
家庭菜園の土地 ガーデニンググッズ
ゴーヤを種まきして発芽させる
発芽に最適な環境
黄色の完熟ゴーヤから赤い種
ゴーヤの種のとりかた




発芽に最適な環境


ここでは、ゴーヤの種まきから発芽させるための条件を考えます。

  • 温度

  • 温度は低い温度でも発芽すると言われていますが、高温の方がやはり確実です。

  • 用土

  • 用土は新しい培養土、バーミキュライト、パーライト、赤玉土、、、、無菌に近いものが理想です。特に時間がかかるため、種子の中味が腐りやすいです。

  • 水分

  • 水分はどれくらい必要か?ある程度はないといけませんが多すぎてもダメなはずです。しかし、かなりひたひたにしても発芽します。

  • 日光

  • 日光自体は必要ではありません。温度をあげるために日光があたるといいです。

  • 発芽までにかかる日数

  • 1週間から1ヶ月といったところですが、1ヶ月で発芽することはあまりありません。ほとんど、1週間で発芽しないとだめなことが多いようです。

  • 種子に農薬

  • たまに種子がカラーコーティングされています。これは農薬がついているという証明なのですが、これがあると、多少は発芽時に土のなかで腐る確率が下がるかのように思います。




    おすすめのページ

    ゴーヤの育て方

    ゴーヤはとにかく、元肥が多くあるといい野菜の1つです。牛糞などの堆肥をたくさん入れておきます。また、化成肥料や油粕などのすぐに分解される肥料よりも、牛糞などの堆肥の方が長期栽培のゴーヤには適していると思います。もちろん、追肥をしていくのも可能ですが、地面に植えた場合は思いのほか、広く根が伸びますので、追肥もままならないかもしれません。

    白ゴーヤー

    白ゴーヤとは 白ゴーヤは、薄みどり色から純白まで数種類あるようです。また、節成りタイプから節成でないタイプまであるようです。苦味が少なく、色が白い。とてもゴーヤとしては特徴が薄れていますが、食感だけはあると思います。 やはり、純白のゴーヤは希少性があるようで、とても高価な感じがします。形も様々で、中長タイプの白いものから、あばしゴーヤの白いタイプのようなもの、外国のゴーヤのようにイボの少ないものとあります。

    黄色の完熟ゴーヤから赤い種

    ゴーヤは完熟すると、とても鮮やかな黄色からオレンジ色の果皮と赤い種になります。これはとても綺麗です。しかし、人が食べるときには困ったことです。どうしたら黄色くなるのか少し考えてみました。 ゴーヤが黄色くなる前に収穫する

    ゴーヤのグリーンカーテン

    温暖化の影響か、すっかり猛暑日が増えました。さらに電気の節約が現実的に必要に迫られてきました。エコというより、現実的な節約術になりつつあるようです。

    ゴーヤの種のとりかた

    ゴーヤの種は完熟したゴーヤから採種する ゴーヤは緑色のうちに収穫して食べます。これは未熟果という状態で、完熟ではありません。フルーツで言えば、美味しいくない、熟れていない状態です。同様にに種もちゃんと成熟していません。





    おすすめの商品



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
    価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    小型風力発電機セット1500W
    価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)