ゴーヤの育て方 ゴーヤの種 ゴーヤカーテン ゴーヤの種類 ゴーヤのこと ゴーヤレシピ
家庭菜園の土地 ガーデニンググッズ
ゴーヤのあれこれ
ゴーヤの苦味
ゴーヤの保存
ゴーヤの葉




ゴーヤの葉

トップページ
 |

ゴーヤの葉


ゴーヤーの種類と葉の特徴



ゴーヤの葉にはいろいろな形があるのです。小さい葉や丸い葉、大きい葉から鋭く伸びた葉ま で様々です。

ゴーヤの葉の形は、種によって、実の形や大きさによって、ある程度は決まっているようです。

・あばしゴーヤ

 葉を見るとあばしゴーヤかなとわかります。とても丸い葉をしていてます。

・中長ゴーヤ

 深い切れ込みのあるギザ葉です。大きさは実の大きさと同じように大きくなるようです。

・長レイシ

切れ込みが深いです。そして、葉の大きさもとても大きいです。しかし、栄養状態で大きさは変わりますので、一概には言えません。


しかし、ここに例を上げてみても、似たような品種でも全く違う葉をしています。おそらく、原種のゴーヤーの葉の特徴が現れているのだと思います。なんとなくですが、小さい実は丸い葉が多く、長い実は切れ込みの深い葉をしているような気がします。

また、白ゴーヤは茎の色は薄く、葉の色も若干緑が薄いという特徴があります。これは栄養不足ではないのですが、緑が薄いのです。



ゴーヤの葉  ゴーヤの葉
白ゴーヤの葉


ゴーヤの葉  ゴーヤの葉
節成ゴーヤの葉

ゴーヤの葉  ゴーヤの葉
太ゴーヤの葉




ゴーヤーの葉から栄養状態や病気が分かる


ゴーヤーの葉の大きさは、栄養状態によって変わります。また、葉の色も栄養不足ではちゃんと濃い色にはなりません。もちろん、春の植え付け後1ヶ月以内などの時期には、どのゴーヤーも葉が小さく、茎は細く、葉の色も薄い緑、黄色くなっているものまであります。

この時期には仕方がないと思われます。圧倒的に気温が低く、雨が多いためどう考えてもゴーヤーがまともに育つ環境ではないように思えます。ゴーヤーは7月後半に入ってからが、本格的な成長が見られるように思います。これは平野部ですので、もっと気温の温暖なところでは早くから成長すると思います。

寒い、低温にも耐えられるのがゴーヤーの凄いところで、また、低日照でも枯れるということはあまりありません。そのため、うまく育っているようでも、勢い良く育って収穫がたくさんできるような状態になれないゴーヤがたくさんあります。特に、日当たりの悪い庭などで育てていると、実の数などが減ってしまいます。高温、高日照がないと、実がなる数が減ってしまいます。


  • ゴーヤの葉が小さい
    成長があまりよくありません。これは肥料が足りないと言うよりも気温が低く、まだ成長に勢いがついていないことが原因のことが多いです。


  • ゴーヤの葉の色が薄い
    大きな葉が展開しているのですが、濃い緑ではなく、明るい緑の場合、これは肥料が足りない、もう少し与えたほうがより元気になる可能性があります。


  • ゴーヤの葉が黄色い
    これは、もう黄色くなった葉は元に戻りません。何らかの原因で、根が傷んだか、低温、高温、乾燥などが原因として考えられます。夏場には下葉が古くなると黄色くなって枯れてきます。これはよくある現象です。


  • 葉に黄色い斑点ができる
    これはべと病などの病気にかかっているようです。しかし、どうするということはなく、湿気が多い、乾燥しすぎて葉が傷んだなどの原因がありますので、ある程度は仕方がないことかと思います。湿気が多いからといって、屋外の湿度をコントロールできるはずもないです。葉をとって風通しをよくするというのは、よく言われていますが、その程度でよくなるのは稀なことだと思います。

    気候が、適切な環境になるのを待つのが一番かと思います。


  • 葉に白いカビが生えている

  • これもよくありますが、うどんこ病のようなものが付いているのだと思われます。消毒することもできますが、またすぐに菌が付着すると思います。弱っているときに侵食されやすく、そもそもの原因がありますので、ある程度の環境の改善の見込みがない場合は、あまりできることはありません。ハウス栽培していて、換気扇を常時稼動させるようにした、などということは家庭菜園では関係ありませんので、これも様子を見るくらいかと思います。




    おすすめのページ

    ゴーヤの育て方

    ゴーヤはとにかく、元肥が多くあるといい野菜の1つです。牛糞などの堆肥をたくさん入れておきます。また、化成肥料や油粕などのすぐに分解される肥料よりも、牛糞などの堆肥の方が長期栽培のゴーヤには適していると思います。もちろん、追肥をしていくのも可能ですが、地面に植えた場合は思いのほか、広く根が伸びますので、追肥もままならないかもしれません。

    白ゴーヤー

    白ゴーヤとは 白ゴーヤは、薄みどり色から純白まで数種類あるようです。また、節成りタイプから節成でないタイプまであるようです。苦味が少なく、色が白い。とてもゴーヤとしては特徴が薄れていますが、食感だけはあると思います。 やはり、純白のゴーヤは希少性があるようで、とても高価な感じがします。形も様々で、中長タイプの白いものから、あばしゴーヤの白いタイプのようなもの、外国のゴーヤのようにイボの少ないものとあります。

    黄色の完熟ゴーヤから赤い種

    ゴーヤは完熟すると、とても鮮やかな黄色からオレンジ色の果皮と赤い種になります。これはとても綺麗です。しかし、人が食べるときには困ったことです。どうしたら黄色くなるのか少し考えてみました。 ゴーヤが黄色くなる前に収穫する

    ゴーヤのグリーンカーテン

    温暖化の影響か、すっかり猛暑日が増えました。さらに電気の節約が現実的に必要に迫られてきました。エコというより、現実的な節約術になりつつあるようです。

    ゴーヤの種のとりかた

    ゴーヤの種は完熟したゴーヤから採種する ゴーヤは緑色のうちに収穫して食べます。これは未熟果という状態で、完熟ではありません。フルーツで言えば、美味しいくない、熟れていない状態です。同様にに種もちゃんと成熟していません。





    おすすめの商品



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
    価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    小型風力発電機セット1500W
    価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)